2010年02月28日

ASU 建築の世界


予想された事態ではありましたが、やはりなかなか難しかった「建築の世界」。
スライドを作り込んで臨みたかったのですが、作成作業は思ったよりも大変で、結局すべては完成せず。これが少々響きました。

午前中はまず、近世から近代に至る建築の流れと、1940年代までの作品を解説。ここは今回の講義で最も力を注いだ部分だったのですが、資料不足でモヤっとした感じに終始。僕自身がもっと明快に理解しなければ…と深く反省。
続いて「ガラスの家」の映像をDVDで鑑賞。空間からディテールまで魅力が見事に表現されていて素晴らしい。
その後、50年代以降のモダン〜ポストモダンの代表作をピックアップして解説。個々の作品については言及できるものの、全体を網羅している自信がなく、引き続きモヤモヤ。
結局午前中は、ピリッとしない授業になってしまいました。短い時間に内容を詰め込んでいるので、もっと緻密な戦略が必要ですね。
ここで昼休み。一息入れて後半戦。
午後は主要な現代建築家をピックアップして解説。こちらはスライドもあり、得意分野でもあるため、まずまずの出来。
途中にリベスキンドの映像をはさんで(これもまた建築表現の本質に迫る素晴らしい内容)、さらに建築家解説。以上で本日のスクーリングは終了しました。

全体としては、広く現代建築の知識を得られる内容とする、という目標には何とか到達できたと思います。が、理解しやすい形で情報を提供できたか、という点ではまだまだ。
いろいろな意味で課題が多く感じられた、有意義なスクーリングでした。
posted by kuharc at 22:05 | Comment(3) | TrackBack(0) | 携帯

2010年02月23日

IPMU竣工披露記念式典

20100223152835.jpg

今日はIPMUの竣工披露記念式典が開催されました。要するに、建築のお披露目パーティです。自分が携わった建築が、このような晴れがましい舞台に立つと、まさに感無量です。参加者の皆さんからも、沢山のお褒めの言葉をいただきました。本当にありがとうございます。
さらに式典では、我々がデザインしたり選定したりした家具がズラリと並びます。座り心地や使い勝手はどうだろう、と気になって、ついついチラチラあちこちを見てしまいますが…評判はまずまずのようでした。
IPMUの皆さんに愛され、成長していってほしいと切に願います。
posted by kuharc at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯

2010年02月21日

CAD I + 建築の世界(予告)

2月13・14・20日の3日間、東京サテライトでCAD I のスクーリングが開催されました。
今回もユニテを題材に、インフィルを設計するという課題でしたが、今回もなかなか面白いアイディアが幾つか見られました。スケルトンが非常に強いキャラクターを持っているので、それを活かしつつ、しかし捉われすぎない、その辺のサジ加減がなかなか難しいところです。
今年度は、住宅という制約を取り払って自由なテーマ設定で臨んできましたが、設計課題の初級編として次につながっていくような学習ができたという意味で、一定の成果が得られたのではないか、と感じています。細かい部分で改善すべき点はありますが・・・。

本来であれば、今年度のスクーリングはこれにて終了、となるところですが、今年はもう1日だけ出番があります。今日から開催されている「建築の世界」で、最終日28日(日)に講義を行ないます。この科目は、担当講師が好きな内容で建築についての授業を行なうというもので、建築の見学があったりしてとても楽しいスクーリングなのですが・・・おそらく2日間は見学があると思われるので、僕は思い切って(?)終日室内にこもっちゃおうと考えています(学生の皆さんには不評かもしれませんが)。
僕が担当している通信(レポート)科目「現代建築論」の特別講義版といった趣で、とにかく近代から現代まで重要な建築家を片っ端から紹介していこう、と思っているのですが・・・膨大な資料を準備して整理しなければいけないので、今週はちょっと大変そう。
posted by kuharc at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ASU