2010年06月03日

ティンバライズ建築展、ありがとうございました

少々遅くなりましたが、ティンバライズ建築展、無事に終了しました。予想を上回る反響をいただき、沢山の皆さんにお出でいただき、準備が大変だったけどやって良かったな、と心から思っています。
そのぶん、他の仕事が滞りがちになってしまったので、関係者の皆様、本当に申し訳ありませんでした。

いろいろな感想をいただいたのですが、今回の展覧会はつまるところ「木のお祭り」だったのです。ご覧いただいた方々が、それぞれの視点から木・木造について考え直す機会になれば大成功なのですが、いかがだったでしょうか。
都市木造が、すぐにでも実現可能だというのは、意外ではありませんでしたか? いろいろなアイディアがありますので、ぜひウチでやってみようという方が現れることを、強く強く希望しております(^^)

私が設計したプロジェクト"SOLID"は、今回は「分厚い壁の通り抜け」をテーマにした家具兼遊具として製作されました。LVLにより作る「木のかたまり」の特徴・特質を活かした、面白いものになったと思います。(製作施工にご協力いただいた、潟Lーテック、竃板加工産業には、厚くお礼申しあげます。)
team Timberizeメンバーの宇野さんにこんな写真を撮ってもらいました。
tmbt_spiral_uno.jpg
こんなふうに、子供が思わず遊びたくなる建築を作ってみたいですねえ。インテリアや小さな建築だったら、すぐにでも実現可能。大型建築だと、耐火要件をクリアするための検証・実験を行なっていかなければいけませんので、少し長いスパンで取り組まなければいけません。どなたか、やってみませんか。

今後もteam Timberizeのメンバーとして、木・木造の新しい可能性をご提案していきますので、乞うご期待!!
posted by kuharc at 13:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 建築