2010年08月18日

荒井良二 スキマの国の美術館

先日、うらわ美術館で開催されている、荒井良二さんの展覧会に行ってきました。お子さんのいらっしゃらない方には、荒井良二さんといってもピンとこないかもしれませんが、日本を代表する絵本作家です。彼の絵本には、とてもとても純粋で素直な、それゆえにストレンジな、だけれども理屈抜きに伝わってくる独特の世界観(=スキマの国)が、絵画からストーリーまですべてを通して精緻に構築されていています。小さな子どもから大人まで楽しむことができる稀有な存在だと思います。
僕が荒井さんを知ったのは、NHK教育テレビの「プチプチ・アニメ」という子ども向けの5分番組で、「スキマの国のポルタ」というアニメを見たから。まだ1才くらいだったウチの子たちが喜んで見ているのを、後ろから何気なく見ていたら、あまりの素晴らしさに思わず引き込まれてしまいました。絵本好きの妻もとても気に入って、荒井さんの絵本をいろいろと買いましたが、そのどれもが素晴らしい。そこで、展覧会に出かけたわけです。

原画は、予想を遥かに超えていました。鮮やかな色彩と良く言われるようですが、単に鮮やかなだけではなく微妙なニュアンスを幾重にも重ねたような、とても深い奥行きを感じる色合いです。精妙な構図により絵に独特の立体感が生まれていて、今にも動き出しそうなリアリティのある幻想世界が作り出されています。絵本は安価に供給されるためか、それほど良い印刷ではありませんから、原画のポテンシャルはフルには再現されていなかったのです。それでも十分に素晴らしいのですから、驚きですが。
この展覧会は、これまでにも全国を巡回してきたようですから、ご覧になった方も多いと思いますが、まだ見ていないという方にはお奨めです。
 

うらわ美術館「荒井良二 スキマの国の美術館」展

荒井さんの絵本はどれも素晴らしいですが、僕がお奨めなのは「スキマの国のポルタ」のDVD。オマケ付きのボックスセットで少々高価ですが、いつまでも色あせることのない世界がそこにはあります。
posted by kuharc at 23:43 | Comment(3) | TrackBack(0) | アート

2010年08月17日

ティンバライズ「喫茶」展 好評開催中

ご存知の方も多いと思いますが、現在、team Timberize 主催の展覧会を、渋谷にて開催中です。実はこの展覧会には、僕はプロデューサーとして参加しています。とは言っても、別に大したことはしていないんですけれど。会期も半分くらい過ぎてしまいましたが、ちょこっと告知しておきます。

ティンバライズ「喫茶」展
8月 19(木)-21(土)/24(火)-29(土)/31(火)
12:30 - 18:30
ウィリアムモリス 珈琲&ギャラリー
(渋谷区渋谷1-6-4 The neat 青山2F/03-5466-3717)
詳しくはこちらをご覧ください。(開催日は一部変更になっています)
会場には、team Timberzieのメンバー及び準メンバーの8名が、「ティンバライズ!!」をテーマに制作した11の木のインスタレーションが展示されています。

僕はここに2つの作品を出品しています。一つは「gradation」というもので、「空間の疎密と時間の速度の変化」という、僕の原点ともいうべきテーマを、木を組み合わせたピースを使って表現しています。もう一つは「overdose」というもので、日本の「木」にまつわる物語から自由になる手法として、無意味で過剰な木の表現を試みています。 と、こんなふうに書くととっても堅苦しそうな印象かもしれませんが、会場にはこのような面倒くさそうな説明はなく、単純に見て楽しんでいただけることになっていますので、ご心配なく。ぜひ見に来て下さい。5月にスパイラルでやった「ティンバライズ建築展」の豪華(?)カタログも売ってます!!

「gradation」で使用した木のピース。(実際の作品はこれとは違います。)
wood-parts.jpg
posted by kuharc at 13:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2010年08月16日

スタジオ・クハラ・ヤギ 始動

久しぶりの更新です。ツイッターを始めて以来、日常の些細な出来事についてはそちらに移行した形となっていまして、ブログの方はお留守になっていたのですが、こちらもボチボチやっていきたいと思っています。

さて、このたび事務所のかたちを少し変えることにしましたので、ご報告いたします。
1998年の独立以来、クハラ・アーキテクツとして、一人で主宰するシステムで事務所をやってまいりました。
が、より一層の充実を期して、建築家の八木敦司さんと共同主宰というかたちで、事務所を発展させることになりました。新たな事務所名は
 「スタジオ・クハラ・ヤギ 一級建築事務所」
です。とってもストレートなネーミングですが、英語表記だと
 Studio-Kuhara-Yagi
略して”SKY”ということで、いい感じです。伸びやかに進化していきたいと思います。

八木さんとは、大学の同級生で、公私ともによく知りあった仲なのですが、一昨年よりスタートしたteam Timberizeや、共同で取り組んだコンペなどを通して、共に活動することの可能性を見出してきました。
仕事の上で、お互いに補完し合うことができるのはもちろんですが、プロジェクトの規模や性質に応じて、メインアーキテクトを1人/2人と選択することができますし、 SKYが中核となってさらに大きな設計チームを組むこともできます。
また、我々は建築に対する基本的な考え方を共有していますが、問題に対する思考やアプローチはだいぶ違うので、より広く可能性を検証し、深い結果を得ることができます。
この一歩を大きなものとすべく、がんばってまいりますので、応援よろしくお願いします。

sky_logo.jpg

追記:
まだHPの整理などが終わっていません(近日中にクリアにしていきたいと考えています)が、とりあえず連絡先(電話、メールアドレスなど)はこれまで通りで変更はありません。
posted by kuharc at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | おしらせ