2010年08月18日

荒井良二 スキマの国の美術館

先日、うらわ美術館で開催されている、荒井良二さんの展覧会に行ってきました。お子さんのいらっしゃらない方には、荒井良二さんといってもピンとこないかもしれませんが、日本を代表する絵本作家です。彼の絵本には、とてもとても純粋で素直な、それゆえにストレンジな、だけれども理屈抜きに伝わってくる独特の世界観(=スキマの国)が、絵画からストーリーまですべてを通して精緻に構築されていています。小さな子どもから大人まで楽しむことができる稀有な存在だと思います。
僕が荒井さんを知ったのは、NHK教育テレビの「プチプチ・アニメ」という子ども向けの5分番組で、「スキマの国のポルタ」というアニメを見たから。まだ1才くらいだったウチの子たちが喜んで見ているのを、後ろから何気なく見ていたら、あまりの素晴らしさに思わず引き込まれてしまいました。絵本好きの妻もとても気に入って、荒井さんの絵本をいろいろと買いましたが、そのどれもが素晴らしい。そこで、展覧会に出かけたわけです。

原画は、予想を遥かに超えていました。鮮やかな色彩と良く言われるようですが、単に鮮やかなだけではなく微妙なニュアンスを幾重にも重ねたような、とても深い奥行きを感じる色合いです。精妙な構図により絵に独特の立体感が生まれていて、今にも動き出しそうなリアリティのある幻想世界が作り出されています。絵本は安価に供給されるためか、それほど良い印刷ではありませんから、原画のポテンシャルはフルには再現されていなかったのです。それでも十分に素晴らしいのですから、驚きですが。
この展覧会は、これまでにも全国を巡回してきたようですから、ご覧になった方も多いと思いますが、まだ見ていないという方にはお奨めです。
 

うらわ美術館「荒井良二 スキマの国の美術館」展

荒井さんの絵本はどれも素晴らしいですが、僕がお奨めなのは「スキマの国のポルタ」のDVD。オマケ付きのボックスセットで少々高価ですが、いつまでも色あせることのない世界がそこにはあります。
posted by kuharc at 23:43 | Comment(3) | TrackBack(0) | アート