2011年02月18日

ひさびさ更新

今年になって初めての更新です。昨年より日々のレポートはtwitterに、まとまったテーマはブログに、という構想を抱いていたのですが、両方とも非常に中途半端な状態になってしまっています。元来筆不精なので、ある意味予想どおりの結果とも言えますが・・・。
しかし、いつまでもこのままというわけにもいかないので、ブログの方もボチボチやっていきたいと考えています。

昨秋以降は、10月のティンバライズ建築展 in なごや、11月のtimberize meets 東京木材市場とイベントをこなしつつ、建築の設計の締切が幾つか訪れて慌ただしく年越し。年末から3つのコンペに取り組んでいたのが、今月上旬にようやく完了(結果は惜しいものもありましたが残念無念)。引き続き、幾つかのプロジェクトが進行中、といった状況です。このあたりはそのうち報告していきたいと思っています。

現在のトピックは、timberizeのデザインに関する本を書いているということです。SKY(=スタジオ・クハラ・ヤギ)が中心となって進めているのですが、昨年の展覧会で扱った都市木造にとどまらず、もっと広い視野から木造建築の特質を捉えて、現代建築の次を模索するというような内容を考えています。とても重要なステップに差し掛かっているところなので、きっちりと固めて可能性をどんどん広げていきたいものです。そのためにも早く原稿を進めなければいけませんね。大変ですが、がんばります。
posted by kuharc at 00:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | おしらせ