2012年09月07日

浜地歯科医院

今夏、首都圏で久々の作品である「浜地歯科医院」が竣工しました。
Facebookで工事の経過などをお伝えしていましたが、完成した姿をとりあえずブログにまとめておこうと思います。
いずれ、現在新しく整理中のホームページにも掲載いたします。

東面のエレベーション
構造形式は、1,2階の壁とスラブが鉄筋コンクリート造で、屋根が木造の混構造です。
交通量の多い前面道路からの振動や音と、建築の重量が地盤に与える影響を考慮しています。 
hmdc01.jpg

北東角より見る
鉄筋コンクリートの壁に施された目地は、内部空間のデザインをコントロールするモジュールによるもので、それが外観の特徴ともなっています。
hmdc02.jpg

北面道路より見る
周囲の住宅群とのスケールを馴染ませつつ、直方体がずれて重なるような形態操作で明快な差異を与えています。
hmdc03.jpg

南東より見る
横長の開口が精妙に配置され、外観にリズム感をもたらしています。
hmdc04.jpg

2階受付
患者さんが入ることができるエリアには木造の屋根が架かっていて、緊張感をときほぐし、ゆったりとした気持ちで治療が受けられるよう配慮しています。
hmdc05.jpg

2階待合
内部空間は機能的に大きく4つに分かれます。それぞれにふさわしい空間のかたちが与えられ、それが外観の形態の変化に表れています。そして、形のずれたところから内部に光が導かれます。
hmdc06.jpg

2階診療室
医院に入る光は太陽の位置によって刻一刻とその状態が変化し、木の屋根がその光をまとって医院全体をゆるやかに覆います。治療を受ける患者さんは、横長の開口から空を望むこともできます。
hmdc07.jpg

明快なモジュールによりデザインされた白い壁は、コンクリートの特質を活かしたエッジの効いた表現です。一方、ランダムでラフにデザインされた屋根は、木の特質を活かした「ぼやけた」表現です。この全く異なる2つのデザインがぶつかるように、あえて素っ気なく壁の上に屋根を置くことで、境界面に現れる現象が強く感じられるように意図しています。
hmdc08.jpg
posted by kuharc at 18:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築