2009年10月29日

IPMU

20091029100951.jpg

東京大学柏キャンパスに、新しい建築が姿を現しつつあります。数物連携宇宙研究機構(通称IPMU)棟です。 まだ仮囲いが完全に外されていないのですが、周囲の建築とは一線を画す、端正で繊細な外観が印象的です。
クハラ・アーキテクツは、大野秀敏先生と共に、この建築の基本構想図書を作成いたしました。以降、実施設計のお手伝い、現場がスタートしてからは家具・什器の選定のお手伝い、と幸いなことに何らかの形で本プロジェクトに関わってくることができました。

建築のフレームは、基本構想案を良い意味で踏襲しているので、こうして立ち上がってくると、感激もひとしおです。竣工にはまだ間があって、内部の工事はこれからが本番という感じですので、いずれまたタイミングを見て、インテリアや家具についても、ご紹介していきたいと思っています。
posted by kuharc at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 建築
この記事へのコメント
おぉぉぉっ! ちゃんと出来てる。(涙)
おめでとう!!

ていうか、秀俊じゃないぞ!
秀敏だぞ!要注意!!
Posted by KK at 2009年10月30日 02:13
KKさん、昨日はお疲れさまでした。
誤字の指摘、ありがとう。早速、修正しました。

なかなか良い感じでしょう!?
基本構想案の図面を一緒に描いていたころが懐かしいですね。
Posted by kuharc at 2009年10月31日 10:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33280592
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック