2010年03月29日

年度末→新たなスタート

先週末に、ASU通信教育部の卒業懇親会が開催されました。今年はなぜか、参加者が例年よりもやや少なめだったような気がしましたが、普段なかなかお会いできない学生さんともお話しできて、楽しいひとときでした。
同じタイミングで、田町の建築会館にて、ASU通信教育部の卒業研究展が開催されていました。あらためて作品をじっくり見ながら、早くも来年度の指導方法に思いを巡らせたり…。そんなこんなで、毎年この日は「ああ年度末だな」と感じる貴重なタイミング。設計の仕事は年度に関係なくシームレスに続いていくことが多いので、日常生活では他にそういうことを考えるタイミングがないのです。(もっとも、今年からはウチの子たちが幼稚園に通いだすので、来年からは自然とそういう気持ちになるのでしょうか。)

今年は事務所の移転もあり、バタバタとしながらようやくここまでやってきたので、余計に「年度末感」が強いのかもしれません。加えて、このタイミングで幾つかの新たなチャレンジが進行中なので、ここからスタートというモードでもあります。
5月末には(Timberize Tokyoあらため)team Timberizeの2度目の展覧会「ティンバライズ建築展-都市木造のフロンティア」が開催。東洋大学では昨年とは違う科目を担当させていただくことになっていますし、事務所ではニュープロジェクトも進行中。さらに、事務所じたいにもちょっとしたサプライズがあるかも(!?)などなど。
いずれこのブログでご報告していきたいと思っていますが、ともあれ、桜とともに楽しみの多い新たな季節が到来、という感じなのです。
posted by kuharc at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36743151
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック