2010年08月17日

ティンバライズ「喫茶」展 好評開催中

ご存知の方も多いと思いますが、現在、team Timberize 主催の展覧会を、渋谷にて開催中です。実はこの展覧会には、僕はプロデューサーとして参加しています。とは言っても、別に大したことはしていないんですけれど。会期も半分くらい過ぎてしまいましたが、ちょこっと告知しておきます。

ティンバライズ「喫茶」展
8月 19(木)-21(土)/24(火)-29(土)/31(火)
12:30 - 18:30
ウィリアムモリス 珈琲&ギャラリー
(渋谷区渋谷1-6-4 The neat 青山2F/03-5466-3717)
詳しくはこちらをご覧ください。(開催日は一部変更になっています)
会場には、team Timberzieのメンバー及び準メンバーの8名が、「ティンバライズ!!」をテーマに制作した11の木のインスタレーションが展示されています。

僕はここに2つの作品を出品しています。一つは「gradation」というもので、「空間の疎密と時間の速度の変化」という、僕の原点ともいうべきテーマを、木を組み合わせたピースを使って表現しています。もう一つは「overdose」というもので、日本の「木」にまつわる物語から自由になる手法として、無意味で過剰な木の表現を試みています。 と、こんなふうに書くととっても堅苦しそうな印象かもしれませんが、会場にはこのような面倒くさそうな説明はなく、単純に見て楽しんでいただけることになっていますので、ご心配なく。ぜひ見に来て下さい。5月にスパイラルでやった「ティンバライズ建築展」の豪華(?)カタログも売ってます!!

「gradation」で使用した木のピース。(実際の作品はこれとは違います。)
wood-parts.jpg
posted by kuharc at 13:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40212497
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック