2011年08月10日

木質ハイブリッド耐火建築物プロトタイプ

先月末、team Timberizeセミナー「ともに都市木造の可能性を追求する」が開催されました。
お越しいただいた方には、心より感謝申し上げます。
セミナー表題にあるとおり、木や木造に関わりのある人々、関心のある人々とともに、我々team timberizeはその未来を切り拓いていきたいと考えています。今後もより多くの方々に関心を持っていただき、我々とともに活動していただけるように、がんばっていきたいと思います。
さて、そのセミナーにおいて、僕は「木質ハイブリッド耐火建築物プロトタイプ」と、それを応用した震災復興支援プロジェクト「津波避難ビル」の発表を行いました。今日は、木質ハイブリッド耐火建築物プロトタイプについて、簡単に紹介したいと思います。

まず「木質ハイブリッド」とは何?ということなのですが、「鋼材を内蔵した集成材」のことです。見た目には木の柱や梁に見えるのですが、その中に鉄骨が入っているのです。日本集成材工業協同組合が柱・梁で1時間耐火大臣認定を取得しています。
【木質ハイブリッドについて詳しく知りたい方はこちら】
これを使えば、街なかのビルを木の柱・梁で建てることができます。実例もあり、「エムビル」(石川県金沢市)は、1階が鉄筋コンクリート造(2時間耐火)、2~5階が木質ハイブリッド造(1時間耐火)で建てられました。まさに「都市木造」が実現されたのです。
しかし同時に、木質ハイブリッド造の難しさも分かりました。まだ一般的な材料ではないので、普通に流通している建材と組み合わせようとしても、その納まりは全て特殊なものとなってしまうのです。

そこで、木質ハイブリッド造耐火建築物のプロトタイプを作ろうということになり、エムビルの構造に携わったこともあって、我々team Timberizeが協力することになりました。一般的な建材と組み合わせた場合の標準詳細を一通り揃えます。さらに、実際に都市部で需要がありそうな規模のビルディングタイプを想定し、その設計を行います。これらをそのまま用いれば、すぐにでも木質ハイブリッド造の建築が建てられるというわけです。

第1弾は、小規模な事務所・店舗ビルを想定したプロトタイプです。4階建(1時間耐火)、間口1スパン・奥行3スパンのプランとなっており、スパンの間隔に応じた部材表を用いれば、建築の概要をすぐに決定することができます。都市の狭小敷地などで、わりと簡単に4階建ての、木の構造体が表面に現れた建築を建てることができます。

外観イメージ
thb_shop_out.jpg
内観イメージ
thb_shop_int.jpg
模型
thb_shop_model.jpg

第2弾は、もう少し大きな規模の多スパンの建築を想定した、学校のプロトタイプです。4階建(1時間耐火)で、幾つかの基本ユニットがデザインされており、これらを組み合わせると中規模な建築のプランをおおよそ定めることができます。プロトタイプとしては「学校」ですが、他のビルディングタイプにも応用することが可能です。

外観イメージ
thb_school_out.jpg
内観イメージ
thb_school_int.jpg
模型
thb_school_model.jpg

街の中でビルを計画するときに、木造で検討してみようと考える方は、非常に少ないのではないでしょうか。そもそも、そんなことが可能だとは考えないのではないかと思います。しかし、実は今すぐに実現可能なのです。このような「都市木造」が出来てくると街のイメージは一変するでしょうし、建築自体にも他にはない魅力付けができるはずです。ご興味のある方は、ぜひスタジオ・クハラ・ヤギまでお問い合わせください。
・・・と、最後は少し宣伝めいてしまいましたが、この夢ある建築を実現してみたいいう方がいらっしゃれば、是非ともに取り組んでいきたいと思っています・・・これらのCGなどが一般の方々の目に触れる機会はまだ少ないので、ご報告を兼ねてアップしてみました。
posted by kuharc at 02:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 建築
この記事へのコメント
お世話になります。
住友不動産で商品開発を
している斉藤と申します。
内容拝見させていただきました。
木質ハイブリッドの梁を
既存の軸組木造建物に活用できないか、
興味があります。
もう少し、詳細内容を知りたいと思いました。
どのようにご連絡を取ればよろしいでしょうか。
Posted by 斉藤宜輝 at 2016年01月20日 18:25
齊藤様
コメントありがとうございます。
こちらは現在休眠中のブログですので、HPをご覧いただき、事務所宛にご連絡をいただければ幸いです。
http://s-k-y.jp/contact/index.htm

この記事から4年半あまり、都市木造は少しずつですが着実に実現しています。東京でも現在、この木質ハイブリッドによるオフィスビル建設のプロジェクトが進行中です。
Posted by kuhara at 2016年01月20日 19:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47289454
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック