2010年05月22日

ティンバライズ建築展開幕

昨日「ティンバライズ建築展‐都市木造のフロンティア」がスタートしました。
二晩夜を徹しての設営、展覧会初日後のオープニングレセプションを終え、ようやく一段落という感じです。ここ数か月、この展覧会のために力を注いできたので、感慨もひとしおなのですが、これからが本番なのでホッとしている暇はありませんね。

展覧会に関しては、自我自賛になってしまいますが、かなりのクオリティになっていると思います。都市木造の実物大展示はすごい迫力。木の特質を活かした面白い家具を体験できますし、提案展示「表参道・木造都市」では気鋭の建築家や大学研究室のバラエティに富んだ作品をご覧いただけます。
建築関係者の方はもちろん、一般の「建築ってよく分からない」という方にも理屈抜きで楽しんでいただける内容です。展示の多くは、実際に触ったり腰掛けたり出来ますので、お子さま連れの方も大丈夫です。
なにしろ“入場無料”なので、見に行かない手はありません(^O^)/
都市木造を体感しながら、木・木造の新しい可能性を発見していただければと思います。
僕は、大学の授業やら何やらで、なかなか会場には行けないのですが、月曜日(11‐18時くらい)と木曜日(終日)はいます。同日のギャラリーツアー(14時スタート)も担当しますので、よろしければ遊びに来て下さい。

このような素晴らしい展覧会となったのも、関係各位の皆様方のご尽力があったからこそです。末尾ながら、心より深く感謝申し上げますm(__)m
posted by kuharc at 09:20 | Comment(4) | TrackBack(0) | 携帯

2010年05月02日

ラ・フォル・ジュルネ新潟

20100501095741.jpg

今年から新潟で開催されている、ラ・フォル・ジュルネに行ってきました。僕が設計監理に携わった、りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館がメイン会場となっているのです。子供連れでも観覧できるプログラムが多いこともあり、沢山の人で賑わっていました。
ウチはコンサートホールで、バッハのチェンバロ協奏曲第5番とショパンのピアノ協奏曲第1番を聴きました。りゅーとぴあはワインヤード型のプランでステージが良く見えるので、子どものオーケストラ・デビューにはうってつけだと考えたからです。
ちょっと難しかったようで、途中からモゾモゾしていましたが、素晴らしい演奏を堪能したようです。
posted by kuharc at 01:22 | Comment(3) | TrackBack(0) | 携帯

2010年04月01日

自由学園明日館

20100401162411.jpg

桜を前景に、高層ビルを背景に、明日館をパチリ。
と言っても、今日はお休みではなく、東洋大の設計の授業の事前打合せ。明日館でやるなんて贅沢ですが、時間ギリギリまで議論が白熱し、ゆっくり鑑賞している暇はありませんでした。
良いアイデアも盛り込まれて、面白い授業になりそうです。
posted by kuharc at 16:48 | Comment(3) | TrackBack(0) | 携帯

2010年03月31日

武蔵学園の桜を観る

20100331102610.jpg

江古田には武蔵学園があるのですが、その構内には「すすぎ川」が流れ、「練馬区静けさ10選」及び「練馬区の素敵な風景100選」に選ばれているんだそうです。
その川沿いの桜並木やしだれ桜を一般公開する「武蔵学園の桜を観る会」(3/29-31)に行ってきました。
今年はあいにくの花冷え続きで、まだ三分咲きというところ。見に行った日は、予想ほど気温も上がらず寒かった(*_*)…ちょっとタイミングが合わず残念でした。思ったほど人が多くなかったのもそのせい?
ところで、この会は16年目らしい。こういうのは地元住民にとっては嬉しい、とても良い企画ですよね。
普段は入れない「大学」の雰囲気を味わえるチャンスなので、ウチの子たちを連れて行ってみると、「大学で桜を観た!」と自慢していました。来年は満開の桜を見てみたいものです。
posted by kuharc at 23:53 | Comment(3) | TrackBack(0) | 携帯

2010年03月09日

木材会館見学

20100308100026.jpg

timberizeの安井さんにお声掛けいただき、新木場の駅前に建つ木材会館を見学してきました。日建設計の山梨さんに、設計者自ら解説していただく豪華版。
ジェネリックに木を扱うというコンセプトで、市場に流通している四寸角の製材を使うこと、現時点で法規的にも技術的にも汎用性のある内容を目指すことを主軸において設計されています。
timberizeが今やろうとしている新しい都市木造の創出というのとは立脚点が違いますが、都市の建築に木を使うという意味で共有する価値観もあり、興味深いプロジェクトです。
posted by kuharc at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯

2010年02月28日

ASU 建築の世界


予想された事態ではありましたが、やはりなかなか難しかった「建築の世界」。
スライドを作り込んで臨みたかったのですが、作成作業は思ったよりも大変で、結局すべては完成せず。これが少々響きました。

午前中はまず、近世から近代に至る建築の流れと、1940年代までの作品を解説。ここは今回の講義で最も力を注いだ部分だったのですが、資料不足でモヤっとした感じに終始。僕自身がもっと明快に理解しなければ…と深く反省。
続いて「ガラスの家」の映像をDVDで鑑賞。空間からディテールまで魅力が見事に表現されていて素晴らしい。
その後、50年代以降のモダン〜ポストモダンの代表作をピックアップして解説。個々の作品については言及できるものの、全体を網羅している自信がなく、引き続きモヤモヤ。
結局午前中は、ピリッとしない授業になってしまいました。短い時間に内容を詰め込んでいるので、もっと緻密な戦略が必要ですね。
ここで昼休み。一息入れて後半戦。
午後は主要な現代建築家をピックアップして解説。こちらはスライドもあり、得意分野でもあるため、まずまずの出来。
途中にリベスキンドの映像をはさんで(これもまた建築表現の本質に迫る素晴らしい内容)、さらに建築家解説。以上で本日のスクーリングは終了しました。

全体としては、広く現代建築の知識を得られる内容とする、という目標には何とか到達できたと思います。が、理解しやすい形で情報を提供できたか、という点ではまだまだ。
いろいろな意味で課題が多く感じられた、有意義なスクーリングでした。
posted by kuharc at 22:05 | Comment(3) | TrackBack(0) | 携帯

2010年02月23日

IPMU竣工披露記念式典

20100223152835.jpg

今日はIPMUの竣工披露記念式典が開催されました。要するに、建築のお披露目パーティです。自分が携わった建築が、このような晴れがましい舞台に立つと、まさに感無量です。参加者の皆さんからも、沢山のお褒めの言葉をいただきました。本当にありがとうございます。
さらに式典では、我々がデザインしたり選定したりした家具がズラリと並びます。座り心地や使い勝手はどうだろう、と気になって、ついついチラチラあちこちを見てしまいますが…評判はまずまずのようでした。
IPMUの皆さんに愛され、成長していってほしいと切に願います。
posted by kuharc at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯

2010年01月30日

卒研審査×2

今日は愛知産業大学通信教育部の卒研審査で岡崎に来ています。
今年いつもにも増して感じたのが、全体的な平均化です。クオリティが上がっている反面、突出した作品がなく、同じようなレベルで似たような作品が多い、そんな感じです。
実は昨日、東洋大学理工学部の卒業制作の審査をしたのですが、そこでも同じようなことを感じました。あるレベルまで同じような方法で到達しているのですが、その先に突き抜けていけない感じなのです。
大学の建築学科の卒業制作がメディアに取り上げられるようになり、情報が行き渡っている状況が生んだ功罪なのかもしれませんが、少々面白くありません。
指導する立場としても考えていかなければ、と感じました。

…とはいえ、一つ一つの作品には罪はありません。今年はまだ、名古屋のスクーリングでお会いした学生さんも沢山いましたし、名古屋組の皆さんがどんなプロセスを経て、どんな作品をモノにしたのか。また東京組の皆さんが、最終審査からどれだけブラッシュアップを図ることができたか。楽しみに審査しました。
気持の伝わってくる作品に多く出会えたように思います。とにもかくにもお疲れさまでした。

3月には優秀作品の展覧会などが名古屋と東京で開催され、一般にも公開されるので、興味のある方は是非ご覧になっていただけたら、と思います。
posted by kuharc at 17:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯

2009年12月07日

timberize tokyo 展覧会スタート

久々の更新です。
先日告知していた“timberize tokyo 都市の木造建築展”が、先週土曜日(5日)いよいよスタートしました。(その準備に手一杯で、しばらく更新が滞っていたのです。)
初日は僕も会場にいたのですが、雨模様の寒い一日だったのにも関わらず、沢山の方々にお運びいただいて、とても感謝です!少しずつですがお話しをさせていただき、いろいろと参考になる部分も多くありました。久しぶりにお会いできた方もいて、嬉しかったです。

小さな会場ですが、充実した内容になっていますので、ご興味をお持ちの方は是非ご覧になってみて下さい。
まだ詳細は未定ですが、19日(土)午後にはトークイベントを予定しています。(また告知します。)また、23日(祝)は会場にいる予定です。(その他のスケジュールは未定。)
近々、作品紹介などもしていきたいと思っていますが、まずはご報告まで。
posted by kuharc at 16:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯